沿革 History

昭和
昭和18年10月
東京都港区芝二本榎に於て東助成が代表社員となり、資本金3万円をもって日東工機合資会社を設立、電気及び酸素溶断機具材料の販売を開始
昭和22年10月
資本金19万5千円の株式会社にし店舗を麻布三の橋停留所前に新築移転
昭和24年8月
資本金を70万円に増資
昭和28年9月
資本金を150万円に増資
昭和29年5月
三田営業所開設
昭和32年1月
資本金を300万円に増資
昭和37年6月
資本金を750万円に増資
昭和39年7月
資本金を1,700万円に増資
昭和40年7月
神奈川営業所を開設
昭和40年12月
三田営業所の所在地に地上4階、地下1階の社屋を完成、本社を同所に移転
昭和41年4月
新潟出張所開設
昭和42年4月
平塚出張所、仙台出張所開設
昭和43年6月
資本金2,500万円に増資
昭和44年6月
札幌営業所開設
昭和45年3月
名古屋営業所開設
昭和46年7月
資本金4,000万円に増資
昭和47年4月
千葉出張所開設
昭和47年12月
八王子出張所開設
昭和50年5月
大宮出張所開設
昭和54年12月
資本金を7,000万円に増資
昭和58年4月
盛岡出張所開設
昭和58年6月
青木社長就任
昭和59年10月
水戸出張所開設

平成
平成1年4月
小山営業所開設
平成2年10月
資本金を10,500万円に増資
平成3年2月
資本金を58,150万円に増資
平成12年6月
吉岡社長就任
平成15年4月
機工事業所開設
平成15年10月
新潟北酸株式会社 開設
平成17年4月
長野出張所開設
平成23年10月
大宮支店・小山営業所を統合し北関東支店開設